2010年 09月 25日 ( 1 )   

一夜明けても   

2010年 09月 25日

それにしても昨日のAKIRAさんは本当に素敵だった。

心から行って良かったと思う。


俳優、AKIRAさんは知っているけど、

レスラー、AKIRAさんは初体験。


いつものAKIRAさんは本当に優しい人。

僕は大好き。


大きくて優しくて。


忘れられないエピソードがあります。



舞台、THE WINDS OF GODで広島に行った時。


劇場の入り時間までは各々自由時間。



僕は必ず原爆ドームの前に行き、ゆっくりと昭和20年に心をもっていきます。


それから散歩して、原爆資料館へ。



中の展示品に錆びた三輪車がありました。


あの日の朝、庭で子供がいつものように大好きな三輪車で遊んでいたそうです。


で、



原子爆弾が広島の空でひかり・・・。



その子供は天国に逝きました。



三輪車を大好きだったその子の為に、寂しくないように、三輪車も一緒に土に埋めたそうです。


天国でも大好きな三輪車で遊べるように。。。



その三輪車が展示してありました。



僕はその説明文を読み、三輪車の前で涙が止まらなくなりまして・・・。



泣きながらふっと横を見ると、


僕と同じく顔をクシャクシャにして泣いている男が。



AKIRAさんでした。



偶然同じ場所、同じ時間を共有していたのです。



僕らは目と目があい・・・、




言葉は交わさず別方向へと歩きだしました。




なんだかその瞬間、分かり合えた気がしました。


と同時に、


この人となら素晴らしい舞台が出来ると確信しました。



分隊長として、


心から信頼出来ると・・・。



その思いは舞台をご覧になった方には伝わってると思います。


それから僕はAKIRAさんが大好きになりました。


AKIRAさん、これからも宜しくお願いします。


最後に、


昨日の試合で僕の隣の席に、


金髪のビートきよし師匠が座っておられました。


なんだか嬉しかった(笑)。
[PR]

by taiju-yamamoto | 2010-09-25 18:05