今井監督   

2006年 12月 30日

2003年秋、今井さんの地元、兵庫県城崎、豊岡で今井雅之第一回監督作品『SUPPINぶるぅす』の撮影がおこなわれました。
その作品で僕は今井さんの相棒、三好文佐久を演じました。
これはもともとは舞台作品で、文佐久は僕の大好きな先輩の川平慈英さんが演じていました。
初めて観た時の衝撃は今も強く心に残っています。

それから心の中で、文佐久を演じたい!と思っていました。

その思いが現実になり、しかも映画で!!

ある時、今井さんから夕飯しない?と電話があり、お好み焼き屋さんで
今井さんから直接映画化の話、そして、
『文佐久は岡安で考えてるんだけど、どう?』と・・・・・。
もちろん『よろしくお願いします』と答えました。

今井さんの第1回監督作品、そして演じたかった三好文佐久・・・。
嬉しいのはもちろんですが、それと同時に気持ちが引き締まったのを覚えています。

撮影は本当に楽しかった!!

今井監督は俳優なので、役者の気持ちをものすごく大切にしてくれました。
一つ一つのシーンでの空気を繊細に、大切にしてくれました。

贅沢な現場でした。

そして、城崎、豊岡の皆さんのあったかい協力。
僕の俳優人生で忘れることの出来ない日々でした。

監督今井雅之、素敵でした!!

まだ観てない方、このお正月休みに是非観てください!!!
そして、感想も聞きたいです。
お待ちしてます。

そして、いつの日か、舞台で、文佐久を演じたい・・・。
それが実現したら観に来て下さいね。
[PR]

by taiju-yamamoto | 2006-12-30 21:24

<< 12月13日 夢のような時間 >>