与論島とウミガメ   

2010年 01月 12日

d0095555_2033530.jpg

与論島の浜にはこの写真のような場所があります。

ここは、ウミガメが産卵をする場所なのです。

5~7月頃にかけて、赤ウミガメが上陸し産卵するそうです。

この時期には、毎朝ウミガメの足跡をチェックして、産卵が行われた場所に目印をたてます。
d0095555_2033665.jpg

日付を書いて、ここに卵がありますよって。


こうして、与論島の人々はウミガメを守っているそうです。

産卵から約60日で子ガメとなり海へ帰ります。

そして約1万キロも離れたアメリカ西海岸、カリフォルニアまで旅を続けるそうです。

そしてまた、ここ与論島へと帰って来る・・・。



卵が埋まった場所から海を眺めてみました。
d0095555_2033611.jpg

まず海までが遠く感じ、

そしてその先にある長い永い旅・・・。

その間、きっと色んな事があるでしょうね。

そして、大自然を勝ち抜いた物だけがここに戻って来る・・・。



いつまでも、


この場所はこのままでありますように・・・。

ウミガメのお母さんたちが安心して上陸出来ますように・・


温かく、

そっと、

お帰りなさいって迎えてあげられますように・・・。
[PR]

by taiju-yamamoto | 2010-01-12 20:33

<< だーます 2009初夏、与論島。そして正... >>